CG/MIDI related software/hardware
TOP Link About Skymaker Kits Mac2Win 88rttpXG English

G-Tune×AMD OcuFes 2015夏 展示品について

概要
VRデモ会用の手動クレイドルを展示します。
1軸は機構軸、2軸分はワイヤ駆動ですが、合計3軸方向へ可動な、手動の moving seat (可動座席) です。
(※9/3追記:安全のため、当日全ワイヤ駆動へ変更しました。(※後注1))

一般的に、ゲーム向けに加速度(G)を体験できる可動座席システムは、油圧システムを用いた大型のものが実は多く 先行開発されています。
一方、没入型VR(Oculus の様に視界全体を覆うゴーグル型VR)では、「VR酔い」(VR sickness) の課題があり、むしろ体験者をあまり動かさないことが推奨されており、 それほど大きな移動は必要とされていません (むしろ非推奨です)。
(cf: Oculus社 ベストプラクティスガイド※1) ((PDF版)※2)

とはいえ、「適切に」調整された「体感」は、酔いを(良い意味で)軽減してくれる効果もあるとの意見もあり、 むしろユーザーに最良の体験をしてもらうための「良い体感」を開発していくことが求められていくものと見受けます。

そこで、「体感」をむしろ積極的に開発していきたいユーザさんのために、キットとしてのクレイドル装置を開発しました。

今回は、VRデモ会場へ、ユーザが持ち運んで展示する使い方を想定し、
  ・組立式で、会場へ手持ちで持運び可能
  ・機械に手足をはさまれて怪我しない、ワイヤ駆動
  ・体験を提供する側もパフォーマンスとして楽しむ、手動駆動
をコンセプトとした、VRデモ体験会用のクレイドルを展示します。

今回の展示では、Oculus ゴーグルの装着は行いません。
ゴーグルなしで、目を開けた状態や、閉じた状態で加速度(G)を体験して頂き、みなさんに気持ちいい体験がどのような動きになるのか、 展示をさせて頂きながら、手探りで探っていく「実験」を行います。

みなさんに楽しんで「実験」に参加して頂ければ幸いです。

(実施会場:8/24(月) ベルサール秋葉原 2F ホールA(貸切) http://www.ocufes.jp/2015/07/1473/)
(OcuFes 公式ページ: http://www.ocufes.jp/)

今後の課題
  • ユーザ操作への自動化対応 (「自主的な操作」への対応)
  • Unity, UE4 エンジン等により表示される画像 (視覚) との連携
  • クレイドル装置全体の軽量化、高剛性化 (軽量かつ安全)
  • 「酔わない」動き方の自動化


展示後追記 (※後注1)
多くの方に興味をもっていただき、ありがとうございました。
測定に参加して頂いた方も、ありがとうございました。
たくさんの方に声をかけて頂いたにもかかわらず、調整に手間取り、実際に実験を始められたのが 17:40 頃となり、会場で体験して頂けた方が2名のみとなってしまいました。
大変申し訳ありません。

今回時間を要した原因の一つが、直前のクレイドル構造変更でした。 展示に当たり、予め安全性優先で大きな構造変更を行っておりましたが(7月)、 外枠フレームの重要なネジの一箇所でも破断すると、体験者がけがをしかねないことがわかり、 前日に簡易ながら2重に安全な構造 (脚立使用) へ急遽変更いたしました。
期待されていた方には申し訳ありません。

測定人数は少なくなってしまいましたが、頂いた感想など共通点も多く、展示側と致しましては大変貴重なデータとなりました。
深くお礼申し上げます。
2名の方については、個別データを予めお伝えしてある URL にて掲載いたします。(9/6以降)
一般の方向けには、平均化したデータを可能な範囲で追って公開いたします(本ページにて案内)。

追記 (※9/6)
まとめデータを公開いたしました。(9/6)


履歴:
概要説明掲載 (8/1)
展示後追記 (9/3)
まとめデータリンク追記 (9/6)



Finekit

Last update 2015.9.6

Copyright(c) F.Issiki 1999,2015


Surfersparadise goo JOY Vector Adobe Solutions Network